So-net無料ブログ作成

Les Miserables

今日はコーラスメンバーお仲間のshiroちゃんとかねてより予定していたミュージカル鑑賞でした。
「Les Miserables」小さい時に本を読んで、大人になってからはテレビやDVDで舞台や映画を観てきましたが、日本のキャストでLive鑑賞するのは初めて。
IMG_0715.jpg
このポスターはおなじみ。IMG_7397.jpg
三時間に渡る本編。内容は全く同じなのは当然ですが、映画などとまた少し異なる場面場面の長さや演出があり、とにかく歌が素晴らしい。あ、劇団四季とは違いセリフはなく、すべて歌に乗せてのセリフなのです。
手紙ひとつ読むシーンも歌うのです。
そしてあらかたの主要キャストのブライトな歌声がとても印象的でした。
高い音もすごかったな〜。
また照明や舞台周りの演出が素晴らしかった。
でもって、何と言っても驚き(私としては)は、札幌ではなかなか生のオーケストラではなく、悲しいかなカラオケ音源だったりすることが多く、例えば四季のオペラ座の怪人も東京ではオーケストラで観られて嬉しかったことがありますが、札幌はカラオケ。。。
新しいホールhitaruというこの度のホールでオーケストラピットから楽器の音が聴こえてきて感激しました。
東京や大阪では当たり前のことが札幌ではなかなか叶わないことも淋しく思っていましたので。
そして札幌でスタンディングオベーションってなかなかなかったのです。以前にコーラスメンバーで観に行った劇団四季「マンマミーア」だったか、結構前の列でアンコールに立ち上がり拍手をして振り返ったら周りは誰も立っていない。。みたいなことがありました[たらーっ(汗)]
この頃は札幌市民もマナーを含めて慣れてきたこともあるのかな。。。もちろん私も含め、観る機会がないってそういうことなんだろうと思ったこともありましたが、鳴り止まない拍手も非常に心地よくその中にまさに浸っていました。
本編以外のことも色々感じて、心にも栄養が与えられ帰ってきました。
行ってよかったな〜です。
そうそう、悪役テナルディエ夫妻を演じた森久美子さん、斎藤司さんも素晴らしかった。
一週間公演なので彼らがキャストである回に当たりラッキーでした(^_^*)
アンコール舞台挨拶では斎藤さんはおなじみのポーズも披露してましたわ(笑)。

帰りにはshiroちゃんとパンケーキIMG_3209.jpg
お揃いのエコバッグがお土産〜☆IMG_3220.jpg
会話も弾み、良い夕刻となりました。
ありがとう。

明日も笑顔で。

どうか平和の光に護られた金曜日でありますように[ぴかぴか(新しい)]

nice!(6)  コメント(0)